2023年02月04日

無肥料1回目軒下ホウレンソウ収穫、2回目栽培開始

2/4、今回は簡易ビニール防寒による軒下ホウレンソウ無肥料栽培1回目収穫〜無肥料2回目栽培開始の状況です。
最近の朝は氷点下以下が続いて、外の水道は凍結して使えません。日中には使える状態になる地域での栽培実績となります。この様な地域、栽培時期外ですが簡単な簡易防寒だけで栽培が可能です。
前回の温室ホウレンソウに比べ、低温になる影響もあり、やや小さ目という感じです。この鉢は、元々イチゴの子株を育てていたのですが途中で枯れた為、そのままの土でホウレンソウの種だけ蒔いて栽培継続したという経緯もありますので、土の影響もあるかも知れません。
種を蒔いて、丁度3カ月目で今回の1回目の収穫となります。小さ目ですが、味は格別だと思います。
この後、無肥料連続2回目栽培開始しましたので、どうなるか?様子を見ていきます。
230204軒下ホウレンソウ1回目収穫軒下ホウレンソウ1回目 収穫
230204軒下ホウレンソウ2回目栽培開始軒下ホウレンソウ2回目 栽培開始
posted by しぜんみち at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 栽培状況

2023年01月28日

温室ホウレンソウ収穫、2回目栽培開始

1/28、再生土より無肥料栽培の温室ホウレンソウを収穫し、引き続き同じ土で無肥料連続2回目ホウレンソウの栽培を開始しました。
栽培期間外に無肥料・無農薬で自然の力だけを利用して栽培、栽培開始から収穫まで約3ヵ月かかりましたが、寒暖差に耐えた今の時期の野菜は甘みが有り、非常に美味しいです。
市販では中々手に入らない貴重な野菜に価値を感じています。
230128温室ホウレンソウ1回目収穫温室ホウレンソウ1回目 収穫
230128温室ホウレンソウ2回目栽培開始温室ホウレンソウ2回目 栽培開始
posted by しぜんみち at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 栽培状況

2023年01月23日

温室小松菜の間引き実施

1/22、再生土からの無肥料1回目栽培中の温室小松菜の間引きを実施しました。
栽培時期外の1/8に直播き、温室の日中温度上昇だけでゆっくり発芽、今回間引きをしました。蒔いた種殆どが発芽しました。
栽培期間は、通常の3倍位掛かりますが、日中と夜との寒暖差が大きくなり、その分味は美味しくなります。
間引き後は、収穫まで放置栽培となります。
230122温室小松菜間引き温室小松菜 間引き
posted by しぜんみち at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 栽培状況

2023年01月15日

温室はつか大根 収穫〜終了、ホウレンソウ新規栽培迄

1/15、同じ土で無肥料連続3回目栽培の温室はつか大根を収穫し、栽培終了としました。
栽培の土は前回はつか大根・ホウレンソウ栽培した土に、落葉・剪定残渣を加え再生した再生土で、7/23より栽培開始し、本日迄6ヵ月弱、無肥料で連続3回栽培しました。
大きさは普通サイズ、夏場の高温時期は形が細長く変形しましたが、今回の3回目が一番形の良い結果でした。
栽培した土は、土再生の為天日乾燥開始へ、栽培した鉢は新しい再生土に入れ替えホウレンソウの栽培を開始しました。
写真@:収穫 〜 写真A:土再生 〜 写真B:次の栽培開始
鉢栽培での『循環型自然応用栽培』の栽培終了から土再生、次の栽培開始の状況です。土を入れ替えますので、全く違う野菜の栽培に切り替える事も簡単に出来ます。
230115温室はつか大根3回目収穫@はつか大根 3回目収穫
230115温室はつか大根3回目終了・土再生Aはつか大根終了 土再生
230115温室ホウレンソウ1回目栽培開始B新規ホウレンソウ 栽培開始
posted by しぜんみち at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 栽培状況

2023年01月02日

エンドウ連作有無 比較栽培状況

1/2、今年もエンドウ連作の比較栽培実施、途中経過状況です。
設置場所:屋外共通、種のロット:共通、直播き:共通、再生土より無肥料栽培:共通
栽培する再生土が、昨年エンドウを栽培した土か否かの違いによる比較栽培。
現在の状況は、連作有無で大差はありませんが、若干連作有りの生育が良いかな?という程度です。
昨年も同じ様に比較栽培を実施しています。昨年の同じ日(2022.1.2)連作有りの状況が下記
http://sizenmiti.sblo.jp/archives/20220102-1.html
昨年1/22、連作有無 比較状況が下記
http://sizenmiti.sblo.jp/archives/20220122-1.html
昨年は、簡易防寒ビニールを付けていましたが、冬場に大きくなり過ぎましたので、今年は簡易防寒ビニールは無しで栽培しています。
今後どうなるか?様子を見ていきます。
230102屋外絹さやエンドウ連作有無状況絹さやエンドウ連作有無 比較
230102屋外採種4年うすいエンドウ連作有無状況うすいエンドウ連作有無 比較
posted by しぜんみち at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 栽培状況