2020年12月31日

今年最後の温室点検・間引き状況

12/31、今年最後の温室内の主な点検状況です。本日の作業は間引き2鉢実施しました。少しずつですが平穏無事に成長しています。収穫時期が来れば収穫して、次の栽培を始めていますので、全ての鉢が常に栽培状態となっています。
@はつか大根1回目、エンドウ栽培の再生土より無肥料栽培中です。大分大きくなりました。もう直ぐ収穫という感じです。
201231温室はつか大根1回目状況温室はつか大根1回目状況
A小松菜1回目、エンドウ栽培の再生土より無肥料栽培中です。全箇所発芽しました。もう直ぐ間引きです。
201231温室小松菜1回目状況温室小松菜1回目 状況
B温室ラディッシュ4回目、尿素133倍希釈液200cc追加のみによる連続4回目栽培中です。本日間引きをしました。
201231温室ラディッシュ4回目間引き温室ラディッシュ4回目 間引き
C温室ホウレンソウ1回目、ホウレンソウ・エンドウ栽培の再生土より無肥料栽培中です。本日間引きをしました。
201231温室ホウレンソウ1回目間引き温室ホウレンソウ 1回目間引き
D温室小松菜3回目、尿素133倍希釈液200cc追加のみによる連続3回目栽培中です。複数の発芽を確認しました。
201231温室小松菜3回目発芽温室小松菜3回目 発芽
posted by しぜんみち at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 栽培状況

2020年12月27日

軒下小松菜間引きしました

12/27、簡易防寒ビニールによる軒下小松菜の間引きをしました。
栽培開始12/7、ホウレンソウ・エンドウ栽培の再生土より無肥料栽培です。小松菜の播種時期は11/初め迄(中間地域)ですが、簡易防寒ビニールだけで全箇所発芽しました。栽培時期内であれば播種後1週間程で間引きになりますが、栽培期間外なので2倍以上の期間を要しています。今回は、全箇所発芽しましたが、更に寒い時期での播種の場合、発芽率も低下します。これからの時期に有効な方法は下記、間引き苗の移植栽培です。
http://sizenmiti.sblo.jp/article/187137498.html
発芽しない箇所が有る場合、複数発芽した箇所の間引き苗を移植して穴埋めする方法、又、間引きするタイミングに次の栽培開始する鉢が有れば、間引き苗を次の栽培する鉢へ移植して栽培する方法が有ります。
上記リンクの栽培は、丁度他の鉢の間引き苗を移植して栽培開始したパターンです。冬場(栽培時期外)での発芽迄の期間短縮(最大2週間以上短縮)が出来ます。ビニール1枚による冬場の効率的な栽培方法かと思います。
201227軒下小松菜間引き軒下小松菜 間引き
posted by しぜんみち at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 栽培状況

2020年12月26日

連続2回目の温室ラディッシュ収穫しました

12/26、同じ土で連続2回目栽培の温室ラディッシュを収穫しました。
昨年、小松菜・ブロッコリ栽培の再生土より、1回目無肥料で栽培し収穫、2回目は尿素133倍希釈液200cc追加のみによる栽培です。無事収穫、成長の差で大きさに差が出ました。収穫後同じく尿素希釈液追加のみで連続3回目の栽培に入りました。
201226温室ラディッシュ連続2回目収穫温室ラディッシュ2回目 収穫
201226温室ラディッシュ連続3回目栽培開始温室ラディッシュ2回目 栽培開始
posted by しぜんみち at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 栽培状況

2020年12月24日

連続4回目温室ラディッシュ発芽状況

12/24、同じ土で連続4回目栽培の温室ラディッシュ、全箇所無事発芽しました。
前回3回目収穫、4回目播種時の状況が下記です。
http://sizenmiti.sblo.jp/article/188215711.html
ラディッシュの発芽時期は10/中迄(中間地域)の所、播種時期外12/13からのスタートでしたが、播種後11日目、温室の日中温度上昇効果で問題無く発芽して来ました。播種後は様子を見る事しかしていませんが、新たな生命が活動していく姿を観るのは、頼もしく感じます。
201224温室ラディッシュ連続4回目発芽温室ラディッシュ4日目 発芽
posted by しぜんみち at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 栽培状況

2020年12月20日

連続2回目の温室ホウレンソウ間引きしました

12/20、同じ土で連続2回目栽培の温室ホウレンソウ2鉢まとめて間引きをしました。
栽培開始が10/4、10/11で1週間違いでスタート、どちらも再生土より無肥料で1回目問題無く収穫し、連続2回目尿素133倍希釈液200ccのみ追加による栽培です。
全箇所複数発芽しましたので、各箇所1本に間引きをしました。間引き時の追加作業として土の表面を解す様にしています。この後は、収穫迄点検のみの放置栽培です。
(温室内は、水道接続による完全自動給水にしていますので、水やり作業は無しです。)
201220温室ホウレンソウ間引き温室ホウレンソウ1 間引き
201220温室ホウレンソウ2間引き温室ホウレンソウ2 間引き
posted by しぜんみち at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 栽培状況