2016年03月08日

土の違いによるミニトマト栽培比較テスト結果です

昨年、土の違い以外同じ条件にしてミニトマトの比較栽培を実施しました。遅くなりましたが、今回比較資料としてまとめました。土は、今まで使用している再生土(自然応用栽培方法)と市販の新しい土(花と野菜の培養土)です。
結果、再生土の方が、収穫数・生育状況・収穫物の大きさ 全てに於いて良い結果でした。ただ、過去の再生土による収穫実績から見ると、昨年の再生土は良い方では無く、9月以降の収穫を見込める元気が無く8月末で栽培を終了しました。(最後のグラフ参照)2015年ミニトマト土比較栽培結果1収穫グラフ2015年ミニトマト土比較栽培結果2植付データ2015年ミニトマト土比較栽培結果3生育データ2015年ミニトマト土比較栽培結果4収穫データ2015年ミニトマト土比較栽培結果5過去収穫グラフ





posted by しぜんみち at 01:38| Comment(4) | TrackBack(0) | 栽培結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174378304

この記事へのトラックバック