2017年07月08日

加古川市B様、栽培開始2ヶ月の栽培状況

本日7/8、加古川市B様「楽水セット小」ミニトマト栽培2ヶ月の点検に行ってきました。
品種は、「千果」です。又芽フリーな状態で、伸び過ぎに成っていましたので、先端の摘芯と、誘引の追加をしました。ここで、問題発見!タンクの方に迄根が来ており、鉢の方に水が来ていません!
水が来ない原因は、接続チューブ内に根が満杯に入ってきて閉塞していた為です。根が入ってきた原因は、土水分が徐々に低下して限界を超え、生存する為にフィルター部を乗り越え根を伸ばして来た為と思われます。1ヶ月目は問題有りませんでしたので、その後、土水分が低下してしまい、水源を求めて根を伸ばしてきたと思われます。生命力を感じます!
この場合の復旧:手順が分かれば簡単です。根の入っている部分のホースを外して根を取り、軽く掃除して元通りに接続、設置時と同じエアー抜きをすれば復旧完了です。今回、復旧を実践しながら説明しました。後日、簡単手順書を送付しようと思います。
このケースの対策:日中、一番上の葉が下に垂れて来る等、土水分が少ない事に気づいた時に、土水分を上げる調整をすれば防げます。但し、今回使用の新しい土は、レベル調整板を追加して土水分を増やす設定だけでは中々追従しなく、レベル調整後、上から散水して土を充分湿らせてやる必要が有る事が分かりました。再生土では問題無く追従したのですが・・・。色々なケースを総合した手順書をまとめていきます。
感じる事:やはり、「生育&実の付け方」土・天候環境だけでは無く、土水分環境が大きく影響していると感じます。今迄、同じ土で色々見ていますが、違いが有ります!同じ品種・同じ土でも、驚く程実を付けるパターンと普通のパターン、色々です。他、誘引・又芽の最適な処理も影響有ると思います。この当たりは栽培者の自由な所で、どの様なイメージに生育状態を仕上げるか?考えて育てるのが一番面白い所だと思います。
170708加古川市B様栽培状況01加古川市B様 点検前全景170708加古川市B様栽培状況05加古川市B様 点検前拡大170708加古川市B様栽培状況02タンク内状況 後掃除170708加古川市B様栽培状況03接続ホース詰まり 後掃除170708加古川市B様栽培状況04加古川市B様 点検後全景
posted by しぜんみち at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 栽培状況
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180281889

この記事へのトラックバック