2017年11月26日

昨日のオーガニックコートでのお話会内容です

昨日11/25、オーガニックコートでの出展で、お話会の場が有りました。添付資料は、お話会の題目、『鉢での循環型野菜栽の説明』の一部題材として使った唐辛子Life Storyの資料です。再生土を使った栽培で、植付当初から栽培終了までの野菜の伝記的な内容をまとめてみました。自然自動給水にて、水やりの外乱を与えず育てた結果です。
流れは、温室から栽培スタートして、直ぐアブラムシに付かれ、このままでは育たないので、屋外へ移設。屋外移設にて、風雨にさらされアブラムシの増殖も収まり、更に、確認テストとして炎天下の温度的に過酷な場所へ移され耐え抜いた一生涯をまとめ、説明しました。そして、土再生の説明の実演として、天日乾燥の手順題材となり、昨日栽培終了となりました。
最初ダメだと思った苗でも、温度環境的に厳しい場所に移されても猛暑日を乗り切り逞しく育ちぬきました。伝えたかった事は、人も野菜も同じで個体差が有る事。楽な環境で育った野菜と、自然の厳しい環境で育った野菜、これを食べた時、味の違いだけで無く、厳しい環境で育った野菜の場合、強いエネルギーを貰った様な気分になれる事。人が無駄に介入するので無く、無農薬・無消毒剤で自然環境に耐える野菜を育て食べる事が大切であり、自身の健康にもプラスになる事。鉢の土も、自然界と同じ様にすれば簡単に再生循環出来る事。
1次効果は、野菜のLife Storyを見て感じる事です。人と違い、植物は強いと感じる事が良く有ります。
2次効果として、循環栽培する事により、安価で安全無農薬・新鮮野菜が手軽に一部自給出来る事です。固定種で種を取り、身近に有る物を使えばコストゼロ栽培も可能です。
日の当たる空きスペースが有れば、鉢でも充分自然に近い野菜栽培が楽しめます。
171125福崎オーガニックコート出展福崎オーガニックコート 出展全景
171125福崎オーガニックコート唐辛子01171125福崎オーガニックコート唐辛子02171125福崎オーガニックコート唐辛子03171125福崎オーガニックコート唐辛子04171125福崎オーガニックコート唐辛子05
posted by しぜんみち at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 展示会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181685327

この記事へのトラックバック