2020年02月05日

先日の自然養生開始状況

先日2/1、天日乾燥完了の3鉢分をまとめて自然養生開始しました。
天日乾燥は、土の底まで完全に水分が無くなる迄実施しています。今回の3鉢は、1〜2週間に1回軽く上下切返しを行い、冬場なので天日乾燥開始から約3ヶ月かかりました。
今回、自然養生開始の再生土は、小松菜・赤丸はつか(ラデッシュ)・モロヘイヤ栽培の3鉢分です。この時必ず加えているのがパーク堆肥(植物性堆肥100%を使用)1鉢当たり1Lです。堆肥の有効微生物活用が主な目的です。後、葉物野菜の再生土の場合、土に戻す残渣(根・葉・茎)が殆ど無い為、自家製の草木灰を足しています。加水混合して、蓋付容器に入れ放置します。
自然養生開始より、微生物による分解・増殖が始まり大体2ヶ月以上放置後、栽培に使用しています。土の良し悪しは、如何に有効微生物を増やすか?にかかっているかと思います。
目には見えない微生物ですが、人を死滅させる菌から難病を治す菌迄、数えきれない程の種類が存在しています。世代交代の周期も早いので進化が早く、農薬等で刺激を与えず自然のままが一番安心だと思います。問題のコロナウィルスも、何らかの発生原因が有ると思います。無農薬・無消毒は、土再生の為にも必須条件と考えています。
200201自然養生開始小松菜・赤丸はつか・モロヘイヤ自然養生 開始
posted by しぜんみち at 01:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 土の再生

2020年01月15日

鉢・プランターの土は、使い続ける事が出来ます

鉢・プランターの栽培終了した土は、捨てる事無く使い続ける事が出来ます。しかも、再生の為篩をかけて異物を取り除いたりしません。これが『循環型自然応用栽培』です。
200111土排出栽培土排出
土容量約15Lの土ですが、捨てる事無く再生した土で栽培を続けています。本ブログ内の栽培は、全て再生土による栽培です。一番古い土は2002年度から、鉢数を増設する時に土を買い足しただけで、後は全て使い続けています。
昨年、エンドウの連作+無肥料栽培で栽培に使用した土が下記、エンドウ終了時の状況です。
1806エンドウ栽培終了エンドウ連作栽培の土
この土を再生し、昨年エンドウの連作+無肥料栽培の状況が下記です。
1905エンドウ栽培状況エンドウ連作+無肥料栽培
バケツ一杯程度の土より、エンドウの連作+無肥料栽培でこれだけ大きく成長しました。自然基準の栽培だから連作障害が起きやすいととされるエンドウでも障害無く生育出来たのだと思っています。
今年も、下記エンドウの連作+無肥料栽培を継続して確認しています。
http://sizenmiti.sblo.jp/article/186943665.html
posted by しぜんみち at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 土の再生

2019年12月04日

無肥料栽培の再生土はこんな感じです

無肥料栽培として使用している再生土です。
土を再生しているのは微生物で、微生物が分解しているのは栽培終了した残渣(根・葉・茎)です。
DSCN4950_Rkai.JPG自然養生完了
DSCN7244_R.JPG無肥料栽培の再生土
特に、茎等の硬い残渣は1年以上かかって分解されます。土に戻す残渣が多い程、微生物の増殖分解が活発になり次の栽培が良くなる傾向が有ります。これが、持続的な緩効性肥料となり、再生を繰り返す事により蓄積され、無肥料栽培に繋がっていると考えています。
これは、自然の循環と同じです。自然界の植物は全て肥料を与えなくても循環で生育しています。同じ様にすれば、少ない鉢の土でも持続栽培が可能である!という結果であり、本ブログ内数多くの無肥料栽培結果が実証結果でもあります。
posted by しぜんみち at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 土の再生

2019年10月22日

軒下採種唐辛子終了した所コガネムシが入っていました

先日10/20、軒下採種唐辛子@(収穫量が少ない方)を栽培終了し、土再生の為天日乾燥開始しました。
土を排出して解した所、コガネムシの幼虫が8匹出てきました。コガネムシ対策で不織布を被せていたのですが残念な結果となってしまいました。
コガネムシ対策を一斉にしたのが下記8/18でした。
http://sizenmiti.sblo.jp/article/186439544.html
原因は、@コガネムシ対策をする前に、既に卵を産み付けられていた。
    Aコガネムシ対策後、隙間から入った、又は薄い不織布の上から産み付けた。
どちらかだと思いますが、他の鉢の結果も見て今回のコガネムシ対策の概略評価をしたいと思います。結局、コガネムシの産卵時期が7月・8月なので、上記@の可能性も否定出来ず、明確な評価は、来年度栽培初期から対策をして検証という流れになりそうです。
昨年、1鉢よりコガネムシ31匹出てきた状況が下記です。
http://sizenmiti.sblo.jp/article/185167765.html
191020軒下採種唐辛子栽培終了軒下採種唐辛子 天日乾燥
posted by しぜんみち at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 土の再生

2019年08月17日

土再生、自然養生開始

8/17、天日乾燥完了の再生土3鉢分、まとめて自然養生開始しました。これから、微生物による分解で土再生が始まります。理想期間は3~4ヶ月ですが、実質2ヶ月以上あれば次の栽培に使用しています。
天日乾燥完了は、小松菜・九条細ネギ・エンドウ 栽培の3鉢分の再生土です。今回、葉物野菜2鉢分ありましたので、草木灰を追加しました。手順は下記、作業時間は約30分でした。
写真@:天日乾燥完了の3鉢分を排出、パーク堆肥1L ✕ 3鉢分 を移した所
写真A:更に、草木灰 90g(今回、葉物野菜2鉢分相当) を移した所
    この後、DRY状態で全体を軽く混ぜ込み、加水して全体を混ぜています。
写真B:自然養生用ポリ容器に3鉢分を入れた状態
写真C:蓋をして完了、自然養生開始
写真のポリ容器は45Lなので、1鉢約15Lの土を3鉢分入れれば写真の状態で満杯です。自然養生開始後は、放置しますが、理想は月1回程度切返し、加水追加が必要です。写真の状態では切返しが出来ませんので、一度排出して入れ直す必要が有ります。3鉢入れる場合は、もう少し大き目60Lか70L程度の方が良いかと思います。又、1鉢分づつすれば、ハンドスコップ程度の軽作業で出来ます。3鉢分をまとめて行うと、平スコップが必要で、ちょっとした運動が必要となります。出来る方法を選択すれば、軽いリハビリ程度の作業から運動不足解消の軽い運動程度の作業になるかと思います。自然養生容器は、市販の蓋付容器を使用しています。2鉢入れる場合は、蓋付コンテナ40Lもお勧めです。
190817土再生自然養生開始3鉢分土再生 自然養生開始手順
posted by しぜんみち at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 土の再生