2019年07月10日

鉢栽培の土、再生循環利用は難しくない!by 循環型自然応用栽培

限られた土容量の鉢栽培で、普通に考えれば難しい土の再生!しかも、循環させて使い続けるのは更に難しくなると思われます。一度栽培した土で、もう一度栽培したけれど旨く育たなかったという経験は有りませんか?理由は、土容量が少ない分、バランスが狂い易いからです。
しかし、自然界の循環を基準にすると、鉢栽培でも簡単に再生循環利用出来ています。本ブログ内の栽培は全てが循環再生した土での栽培、循環型自然応用栽培です。
基本は下記で、@Aは当初2002年度から、Bは試行錯誤の結果、土のバランス面・耐害虫の面で落ち着いてきました。
@農薬・消毒剤(天然材料含む)は使用しない。土に侵透し微生物活動が阻害される為。
A土から吸収して作られた残渣(根・葉・茎)は、全量元の土に戻す。
B無肥料がベスト、足りないと思われる場合のみ元肥として減肥投入、追肥無し。
難しい様に思いますが、非常に単純で@Bは、自然界とは別に人が与えている物を与えない様にしているだけ。Aは、人が捨てているのを自然界と同じ様に元の土へ戻しているだけです。
強制的に肥料を与え続ける栽培に比べ収穫量は低下しますが、野菜自らの力で土の中から吸収して作り上げた自然な収穫物が得られますし、再生土の出来が良ければ、収穫量も十分得られています。
又、これだけで気にせず連作栽培もしています。土容量が少ない分、畑栽培より連作条件は厳しいと思いますが……。
自然と同じ様にすれば、非常に単純(簡単)栽培が出来ます!
posted by しぜんみち at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 土の再生

2019年06月26日

コンテナ2つで簡単に出来る土の再生

循環型自然応用栽培、土の再生はコンテナ2つで簡単に出来ます。主な作業は、コンテナに移す時のみで後は放置です。土再生の為、篩い分けたりしません。必要なのは、コンテナ2つと手工具(選定ハサミ・ショベル程度)
@天日乾燥用コンテナ:栽培終了時に、土全量(根を残したまま)と栽培残渣(茎・葉)元の土へ全量戻します。自然の循環と同じ、効率を上げる補助として茎・葉をカットしています。
土再生手順@天日乾燥開始土再生手順@天日乾燥開始
機能は、雨が入らす通気性があればOK!市販コンテナ+透明度の高いパネルで可能です。目的は天日消毒、土の底までカラカラに乾燥で完了。土を安定させる為の病原菌・病害虫予防です。
A自然養生コンテナ:天日乾燥完了で、加水混合して市販の蓋付コンテナに入れて放置。
この時に加えているのが、不純物(産業廃棄物の混入明記の無い)が入ってない市販完熟パーク堆肥です。植物を分解するので、植物系が良いかと思います。完熟腐葉土でも良いかと・・・。
この工程で、微生物による分解・増殖より、再生土が作られます。
土再生手順A自然養生開始土再生手順A自然養生開始
これだけで、土を処分する事無く全量再生、栽培残渣(茎・葉・根)をゴミとして処分する事無く全量再生。再生を繰り返す事により、無肥料栽培が可能に!このブログで記載している無肥料栽培は、全てこの工程にて行っています。
そして、現在栽培期間中に前回栽培の土再生@〜Aを行う事で、栽培終了と共に土を入替え次の栽培スタートという、全く無駄の無いローティション栽培が実施出来ます。
省スペースを追及した、占有面積1平方メートルの循環型自然応用栽培の例が下記です。
https://sizenmiti.com/jouho-p001.html
日の当たる空きスペースで、2鉢分の循環型栽培が可能となります。土を捨てない・栽培ゴミも出さない、環境負荷低減だけでなく、土購入費用・肥料代等、栽培コストも大幅低減出来ます。
そして、自然と同じ様に循環すれば、連作障害も気にせず、連作栽培も実施しています。下記、連作結果です。土の再生タイミングで連作になる場合も多く、結構気にせず連作をしています。自然の中では、殆どの植物が自分の枝葉の周りに種を落とします。中には風に飛ばして拡散する植物(タンポポ)等有りますが、それ以外、生育した場所に種を落とし、次年度芽を出します。自然基準で考えると殆どが連作基準と思うのです。
エンドウの連作結果
http://sizenmiti.sblo.jp/article/186163091.html
ミニトマトの連作
http://sizenmiti.sblo.jp/article/186147954.html

タグ:説明 土再生
posted by しぜんみち at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 土の再生

2019年06月09日

天日乾燥中の再生土、上下切返しました

天日乾燥中の温室絹さやエンドウ栽培の土、切返しました。
栽培終了時5/25の状況が下記です。
http://sizenmiti.sblo.jp/article/186046808.html
栽培終了時、栽培した土の上に残渣の茎葉を置いているのは、先に茎葉を枯らす為ですが、絹さやエンドウ栽培終了した時には殆どが枯れていました。既に枯れている場合は、土の上に置く必要無かったかな?と反省です。枯れた茎葉で遮光・断熱効果となってしまい天日乾燥効率が低下していたと思います。
土の上に残渣の茎葉を置いているのは、自然と同じ様に茎葉を土の上で先に枯らす為、茎葉に残った病原菌類を先に天日消毒する為です。
上下切返しの状況は、写真の作業開始@から作業終了Cの順番です。ハンドショベルで、上下全体を大まかに入替えているだけです。
190609天日乾燥切返し温室絹さやエンドウ天日乾燥切返し 絹さやエンドウ
posted by しぜんみち at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 土の再生

2019年05月29日

土再生、4月度の天日乾燥状況

4月度の天日乾燥状況をまとめました。
4/7に栽培終了し天日乾燥開始したうまい菜2鉢、5/19に天日乾燥完了、天日乾燥期間 約1.5ヶ月でした。この間、2回程軽く切返しを行った程度です。土の底迄水分が無くなりカラカラに乾燥状で天日乾燥完了としています。これから夏場に向けて、気温の上昇と共に天日乾燥期間短縮出来ます。
下記、冬場4か月近くかかっていたのとは大きく違います。
http://sizenmiti.sblo.jp/article/185741758.html
日照の弱い11月〜3月の間、今の方法では天日乾燥期間2ヶ月以内は困難で、4月〜10月の期間は2ヶ月以内が可能という様な結果です。
190519天日乾燥完了うまい菜天日乾燥完了 うまい菜
上記天日乾燥完了のうまい菜栽培2鉢分と、小松菜栽培1鉢分の3鉢分をまとめて、加水混合し自然養生開始しました。
190519自然養生開始うまい菜小松菜自然養生開始 3鉢分
posted by しぜんみち at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 土の再生

2019年01月27日

天日乾燥効率化の結果

1/27、前回天日乾燥効率化開始より、13日後の状況を確認しました。
小量天日乾燥にて、切返し無しで2週間放置で天日乾燥完了を期待していましたが、本日の結果残念ながら天日乾燥完了出来ていませんでした。今朝、久々の積雪も有りパネル上は厳しい状況でした。パネルを外すと土表面は乾燥しており期待したのですが、土の層5Cmの内表面2Cm程は完了していましたが、底には水分が残っていました。前回1/14の天日乾燥開始の状況は下記です。
http://sizenmiti.sblo.jp/article/185380787.html
天候の良い日が少なかった事も有りますが、真冬の時期中々地温も上がらず、土容量小量にしても土底までの温度が上がらず、切返し無しでは完全乾燥は厳しいという結果でした。
190127天日乾燥小量開始結果天日乾燥 小量開始結果
posted by しぜんみち at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 土の再生